ワンピースネタバレ938話939話最新話確定あらすじと考察!日和がモモの助の妹で出生の秘密を検証

スクリーンショット 2019-04-01 15.22.12_s

937話では、牛鬼丸が登場し、
ゾロの刀をある場所に隠したことを伝えられました。

謎の人物「牛鬼丸」についての秘密についてもお伝えしてきました。

そして今回はある人物の正体が発覚します!

938話では、

・ゾロvs鎌ぞう決着へ!鎌ぞうのモデルを検証!
・牛鬼丸が鎌ぞうの鎌を盗み…
・オロチ城に「逆さ三日月」がバレてしまい…
・サンジの顔がとんでもないことに!
・モモの助の妹、日和登場!小紫の偽装死との関係について


こちらについてお伝えしていってます。

938話、「女の秘密」ネタバレ考察みていきます。

Sponsored Link

938話ネタバレ!ゾロが鎌ぞうに勝利へ…そしてモモの助の妹日和登場!

スクリーンショット 2019-04-01 15.22.19_s

前回までのあらすじはこちら。

→ワンピース937話で牛鬼丸登場しその正体が明らかに…



→カイドウの悪魔の実の能力を検証!その実力、全セリフまとめ!

ゾロの三刀流「鬼斬り」により、ついに手傷を追う鎌ぞう。


おトコと遊女また牛鬼丸が驚く中、鎌ぞうは倒れてしまう。


また、遊女はこうしたゾロの圧倒的な強さに、口元を手で押さえ目を見張った。

ゾロは刀を咥えたまま息を切らせ、

鎌ぞうの方へ振り返り、鎌ぞうが倒れたことを確認すると、

すぐさま牛鬼丸を睨みつけた。
スクリーンショット 2019-04-01 15.22.33_s

しかし、ゾロの右肩からは血がドクドクと流れ出ており、ゾロは悔しさを口に出す。


対し、そうしたゾロの様子に牛鬼丸が口角を上げ身を翻すと、

ゾロは腹の虫を鳴らしつつ意識を失ってしまった。


遊女は、慌ててゾロを呼ぶのであった。

そうしてゾロが決戦を前に倒れてしまった頃、

錦えもんとミンク族銃士隊が身を隠す「九里」のある廃村には、

ちょうどイヌアラシ公爵がやってきたところであった。


どこからかやってきたイヌアラシ侯爵に、

錦えもんが「一大事でござる!!!」と慌てた様子で声をかけると、イヌアラシ公爵は歩み寄ってくる。
スクリーンショット 2019-04-01 15.22.45_s

そこで、事の顛末を聞いたイヌアラシ侯爵は驚きの声をあげた。

「“判じ絵”も“月の印”もバレた!?」

その横では、キャロットも「どうしよう」と頭を抱えており、

また錦えもんも皆が慎重に配ってもらったのに、

“判じ絵”と“月の印”の情報が漏れたことを不思議がりそれを口にした。
スクリーンショット 2019-04-01 15.22.54_s

また、暗号にしたことで他の者にはわからないようにしたにも関わらず、

足首の印と判じ絵が紐づけられてしまっていることも指摘し、

都で同志たちが次々と捕らえられていると言う錦えもん。


その錦えもんの言葉通り、

「花の都」ではホーキンスとドレークを中心に大捕物が行われており、

“月の印”と“判じ絵”を持つ者達がまた1人また1人と、

次々に捕らえられていた。



傍らでは、奉行のような男が「足首に印ある者は反逆者」だとすれば、

見かけたら知らせるように触れ回っている。


さらに、その近くではホーキンスとドレークがこれを見守りつつ言葉を交わしていた。


その中で、ホーキンスが月の印の噂が早くも広まっていることを挙げ、

悠長に湯屋を回っている場合でもないと皮肉を言うと、

ドレークは「貴様も奴らを逃がしたことに変わりない」

と逆ギレするのであった。



こうして「花の都」で捕り物劇が繰り広げられている頃、

片や遊郭では狂死郎が子分から小紫の通夜を取りやめると言う報告を受けていた。



また、小紫の通夜を取りやめる理由として、

取り乱した人々が押し寄せることで事故を招くことを挙げると、

明日の葬儀はさらに混雑しそうだとしては、

狂死郎を恨むものも少なくない故に気を付けるよう子分が進言する。


対し、狂死郎はというと「何を勝手に」と口を開き、

あれしか方法はなかったことと一番被害をこうむるのは自分であることを指摘すれば、

子分がこれに納得した。
スクリーンショット 2019-04-01 15.23.25_s

さらに、オロチが苛立っていることを挙げれば、

その理由として「逆三日月」の判じ絵を子分に見せるのであった。
スクリーンショット 2019-04-01 15.23.00_s

そうして月の印と判じ絵の存在に都中が揺れ、

小紫の死が波紋を呼ぶ中、「えびす町」ではサンジが誰かの仲裁に入っていた。


「仲間を疑ってはいけない」となだめる一方で、「おれもなにも見てねェし」と口にする

サンジだったが、その顔は見るも無残に腫れ上がっており、

ナミが「アンタ一番信用できないのよ!!」と突っ込みを入れる。


また、そんなナミの後ろではフランキーが、

サンジのあられもない顔に「どう殴られたらそうなるんだ人の顔は」と、驚きつつも呆れていた。


その目の前では、ローとしのぶが言い争っている。



言い争いの原因は、“判じ絵”と“月の印”の情報がオロチ達にバレてしまった理由についてで、

しのぶはそれをベポ達が作戦を話してしまったと考え、ローと口論になっていたのだ。


対し、ローはと言うと「ベポ達は喋るくらいなら死ぬ!!!」「みくびるな!!!」と、それを真っ向から否定していた。


そこで、それを証明するためローがベポ達を救出しようと空き家を後にしようとすると、

サンジは「敵の思うツボだ」と必死に引き留める。


だが、しのぶの怒りは収まっておらず
「捕まった奴は消しなさいよ!!!口封じよ!!!」と言うと、

これにブルックが恐がってしまう。


また、ローはこれに怒り「何だと!?」と口にすると、

「忍びの世界じゃ常識よ!!!」としのぶも声を荒げた。

「遊んでんじゃないのよわたす達は!!!」

すると、突如しのぶは涙を流し訴えかける。
スクリーンショット 2019-04-01 15.23.36_s

「“20年”もこの時を待ってたんだ!!!」
「失敗したらもう2度とチャンスはないのよ!!?」


だがここで、カン十郎がそんなしのぶにやめるように言った。


涙を流し振り向くしのぶ。

そうしたしのぶにカン十郎は、そうそう思い通りに行かないことを挙げては、

しのぶの苛立ちも分かると語りかける。


また、「奇跡的に目的を同じくしたこの者たちの力なくしておでん様の思いは避けられんのだぞ!!!」と、

強い口調ながらも諭すのであった。

「いよっ!!!」
「ごめんよ――――っ!!ど――――も!!」


その時である。


ここで、陽気な声と共にトの康が入ってきた。
「表まで声が聞こえちまって」と言うトの康に、

ナミが「誰よ」と尋ねるがトの康はお構いなしで、

ナミを「おキレイ女神様かい?」と褒めるとナミは照れつつ上がるように言う。


さらに、トの康はしのぶの顔とカン十郎を見ると二人を知っているようで、

さも懐かしいと言うようにそれぞれの名を口にする。


対し、しのぶとカン十郎派との康に覚えが無いようで驚いていると、

トの康は「逆三日月」を手に、さらに言葉を続けた。

「コレが今都で話題で!!あっしゃあ興奮しちまったよ!!」
「始まるのかい?“決戦”が…!!!」


こうしてトの康が、ナミたちの前で意味深な言葉を口にした頃、

鈴後「北の墓場」ではゾロが目を覚ますところであった。


ゾロが目を覚ましたと同時に声をあげたことで、

遊女とおトコは驚いてしまう。


しかし、遊女は気を取り直し、落ち着いた様子で起き上がろうとするゾロに傷に触るからとまだ寝ているように言った。


また、鎌ぞうから自分たちの命を救ってくれた礼を遊女が言うと、

おトコも一緒になって礼を言う。


一方で、自分たちを助けたことで怪我をさせてしまったことを遊女が詫びると、ゾロは「ケガしたのはおれの未熟さだ」と返した。


次いで、「あの大男はどこ行った」「刀をとられたままだ」と口にすれば、

残りの刀を手に立ち上がるゾロ。


これに遊女は、慌ててゾロを止めようとゾロの右腕にしがみつくが、

そちらは鎌ぞうに傷を負わされた方で、痛がるゾロに遊女は謝る。

「でもねすぐ治るよ」

そうした中、おトコが話に入ってきた。


続いて、都で「ガマの油」を買ってきたとおトコが言うと、

ゾロはオトコが「盗んだ」と言いかけた言葉を聞き逃さず「盗んだな」と口にするが、

おトコは「ガマの油」の効能を自慢げに話していた。


その後、ゾロと遊女は言葉を交わし始め、その中でゾロが牛鬼丸について尋ねると、

遊女は牛鬼丸について説明し始めた。


それによると、牛鬼丸は「おいはぎ橋の牛鬼丸」として都でも有名で、

普段の住処は知られておらず武器を持った者があの橋を渡ろうとすると、

現れる僧兵だと言う。


対し、ゾロは遊女の作った食事を食べつつ遊女の説明を聞いており、

その説明を聞き終えると「焦ることはねェな」としつつも、

「お前らも何者なんだ?」と尋ねれば、

その理由として死神に命を狙われていたことを挙げた。


すると、そうしたゾロの言葉に遊女は、「ワノ国」の将軍の怒りに触れてしまったことからもう都には戻れないと話し始めた。


これにゾロが、「オロシ?」と将軍の名前を間違いつつも相槌を打つと、遊女はそれを訂正する。

そのように二人が言葉を交わしていると、おトコも自分の名がトコであることや“お”をつけると“おトコ”になること、またそれを“男じゃないよ”と笑いを誘うが、ゾロにあしらわれてしまう。


そこで遊女は気を取り直し、ゾロが海外の人だと言う自分の考えを示しつつ、

ゾロが悪い人に見えないと口にした。


だが、遊女が言葉に詰まったことにゾロが突っ込むと、

遊女は「……!!絶対に秘密にしていただきたいんですが」と、改まったような口ぶりで切り出した。


これにゾロが疑問に思うと、「20年前に生き別れた兄を探している」と言いだしては、

その兄が「今このワノ国にいるかも知れない」と付け加える。

「兄の名前は」「“光月モモの助”」
「私は妹……」「“日和”と申します」


遊女の思わぬ告白に、耳を疑うゾロであった。

939話に続く…

順番に考察していきましょう。
Sponsored Link

ネタバレ考察その1:ゾロvs鎌ぞう決着へ!

スクリーンショット 2019-03-26 15.49.14_s

「煉獄:鬼斬り」を駆使して、
鎌ぞうを斬り倒したゾロ。

鎌ぞうは全身を一撃で斬られてしまって、
白目を向いた状態からそのまま「どさっ」と倒れ込んでしまいます。

オトコと一緒にいる花魁はゾロのあまりの強さに驚いています。


ちなみに、鎌ぞうのモデルの一人は、
るろうに剣心に出てくる、「志々雄真」だと思われます。
全身に包帯を巻いていて、不気味な笑みと強さを兼ね備えているのです。
スクリーンショット 2019-04-01 15.31.54

包帯を巻いていたり、
鋭い目つきをしている点など、類似点があります。

何より、尾田先生がるろうに剣心の作者の和月伸宏先生の元で、
アシスタント修行していたこともあるので、
意識しているのはあると思われます。


本編に戻って、鎌ぞうを倒した後で、牛鬼丸をギロッと睨みつけます。

牛鬼丸はゾロに対して特に何も言うこともなく、

鎌ぞうが落とした「鎌」を拾い上げて、

その場から立ち去ります。


ゾロは意外すぎる反応に驚き、

鎌ぞうに刺された肩から大量の血が流れてしまって、

そのまま気絶してしまうのでした。


牛鬼丸は不思議とゾロへの復讐心はすでになくなっているように見え、

その場から立ち去ろうとしてるようでした。


ゾロが鎌ぞうと戦っている姿を見たときに、

何か敵ではないと思える何かを感じたのだと思われます。


牛鬼丸が追い剥ぎをしているのも、

おそらく9日後に行われる鬼ヶ島での決戦に向けての準備と思われますが、

一番は何より、カイドウ・オロチに対して憎しみを持っている可能性が高いはずです。


そんな時に、ゾロが鎌ぞうと戦って、

オトコ達と戦っている姿を見たときに、

自分たちの敵ではないと感じたのではないかと思われます。


現に、937話「おいはぎ橋の牛鬼丸」を見てみると、
ゾロが鎌ぞうと戦っている姿をじーっと眺めている牛鬼丸の姿が描かれていました。

この後、牛鬼丸とどういう関係性を築いていくのか注目です!
Sponsored Link

ネタバレ考察その2:錦えもんがイヌアラシ達と合流して、作戦会議へ…

スクリーンショット 2019-04-01 15.23.43_s

九里の中心部の廃墟にて、錦えもん達がミンク族のイヌアラシ達と合流してます。

お互いに「元気にしていたか!?」と心配をしている様子です。

そこで、「逆さ三日月」の暗号がバレたかもしれない、

と懸念するイヌアラシ…

錦えもんも細心の注意を払ってバレないように気を配っていたとのことですが、
キャロットも頭を抱えてしまって「全部バレて失敗してしまう…」
とショックを受けています。

結局のところ、オロチやカイドウたちにどこまでバレてしまっているのか、
というところがポイントになりそうです。


そして、花の都では、”三日月狩り”が繰り広げられているのでした。

明らかに劣勢になる麦わらの一味連合軍…


ネタバレ考察その3:花の都ではカイドウとオロチの手によって、三日月狩りが…

スクリーンショット 2019-04-01 15.23.25_s

花の都では、逆さ三日月マークの紙を持っていてる人間を逮捕して、
集めています。

兵隊
「足首に逆さ三日月の刺青をいれてる人間は裏切り者だ!」

という号令のもと、即刻見つけ次第で、
足首に入ってる人間を逮捕されてしまうようです。

逆さ三日月に関しては
「反逆者達の情報はオロチ城全体に知れ渡っている」
とホーキンスは語ります。

これでもう銭湯は探さなくても大丈夫だと、ドレークに皮肉を伝えるホーキンス。

その言葉に反応するドレーク(笑)
(ドレークは女性の裸が苦手で、鼻血を出して倒れてしまってましたね)


狂四郎曰く、
「小紫を殺すより他はなかった。彼女が死んで一番苦しんでいるのはどこの誰よりも俺だ」



オロチが怒り狂っているのも、「逆さ三日月」が発覚して、
反逆者が出てきていることを恐れているのです。

そして、忍、ロー達が懸念をしているのでした。


ネタバレ考察その3:サンジの顔がとんでもないことに…

スクリーンショット 2019-04-01 15.23.29_s

サンジがナミにボコボコに殴られて、
顔が2倍以上に膨れ上がってしまってます。

銭湯で透明人間になってナミの裸をみたことで、
ナミにしばかれてしまったようです(笑)

錦えもん達と作戦がオロチ達にバレてしまったのは、
ローの部下のベポが捕らえられてしまって、
拷問されて情報を漏らしてしまったからだと考えているからです。

それでとばっちりで同盟を組んでいるサンジもボコボコに殴られてしまってます。

「おれを信頼してくれ」
と伝えますが、顔がボコボコで一番信用できないとナミは叫んでしまってます。

ベポ達が自分たちの計画をばらしてしまっているのではないか、
とキレてしまってます。

すると、ローは、
裏切るくらいなら死を選ぶのが俺の仲間だと言うのです。


ローが今からカイドウ達の本拠地に乗り込んで、
助けに行こうと試みます…

しかし、乗り込むこと自体がトラップであり、
やめろ!という周囲の声を全く聞いてません。


しのぶが涙ながらに訴えます。

・20年以上もこの機会を待っていたこと
・このチャンスを逃したら二度とこの機会には巡りあえないこと


を伝えます。

この訴えから、いかにしのぶがこの20年間の中で、
オロチ達に対して復讐したかったのか、
想いが伝わってきます。


これに対して、久々登場のカン十郎もアンサーします。

・このままだと物事は絶対にうまくいかない
・しのぶの訴えもわかるが、ルフィやロー達とカイドウを倒すという目的を共有できている事自体が”奇跡”であること
・このままロー達の助けを得なければ、おでんの意志を成し遂げることはできないこと

があげられます。


するとそこに、えびす町の「トの康」がやってきます。

「お前誰だ!」という意見もありましたが、
一切気にせず中に入ってきます。

すると、
・ナミがあまりに美しいことにびっくりし、

・しのぶ、カン十郎のことも知っている


ことが明らかになります。

戦いに向けて、トの康も20年前にいた、
おでんの部下だったのだと思われます。

トの康が今回の戦いにおいて、
鍵をにぎる一人であることは間違いないでしょう。

おそらく、丑三つ小僧である可能性が高いと思われますが、
どうしてえびす町にいるのか、20年前に何があったのか明らかになる日が近いと思われます。

ネタバレ考察その4:鈴町の北部にて、ゾロが目を覚まし牛鬼丸の正体を知ることに…

スクリーンショット 2019-04-01 15.37.19

ゾロはいつの間にか気絶していましたが、
目の前にいる花魁らしき女性が手当をしてくれています。

動いてしまうゾロに、じっとしてるように伝えます。

ゾロが助けてくれなければ、おトコと女性は間違いなく命を狙われていました。


ただ、ゾロは「秋水」を取り戻しに行こうと動き出しますが、
傷口が開いてしまって、しかも女性がゾロの肩を抑えてしまい、
さらに傷が悪化してしまうのでした。


前回、秋水を奪い、ゾロを襲った人間について、
女性から話がありました。

その名も「おいはぎ橋の牛鬼丸」という異名を持つ人物だと明らかになるのです。


条件として、
・武器を持っていて
・おいはぎ橋を渡ろうとする

と現れるとのこと。

牛鬼丸は「僧兵」でもあるようです。


鎌ぞうが倒れた際に、鎌も持って返っていました。

鬼ヶ島での決戦に向けて、
たくさんの武器を探しているのだと思われます。


この「謎の女性」「おトコ」もどうして死神、鎌ぞうに狙われるように至ったのか、
というゾロの疑問に対して答えます。

「ワノ国の将軍の怒りに触れるようなことをしてしまった」

とあります。

これが一体何か?ということですが、
一緒にいたおトコが将軍オロチのことをバカにして、
笑ってしまったことです。

これによって、将軍から怒りを買ってしまい、
そこから逃げるように都から鈴後にやってきたのです。


女性は、
「20年前に生き別れた兄」を求めて、
探し求めているというのです。

その男性の名前こそ、

「光月モモの助」

だというのです。

そして、謎の女性の名前が、「日和」と明らかにされるのでした。


モモの助の妹である、日和がまさかの20年後に生き残っていて、
花魁として働いていることが明らかになりました。

20年間ずっと待ち侘びていたのだと思われます。

父であった元将軍おでん、トキが殺されてしまい、
兄であるモモの助も姿をくらましてしまって、
生き残るのに必死だったと思われます。

花魁の道に入ったのも、
自分で生きていくのに必死になって、
ようやくたどりついたのではないでしょうか。

そこで知り合ったのが、「小紫」だったのかもしれません。

日和と小紫は幼少期の頃から、親友でお互いに支え合っていたのだとすれば、
今回の小紫の死亡事件は狂四郎も巻き込んだ偽装死ではないでしょうか。


この辺りについては近々本編にて明らかになると思われます。

最新話939話のネタバレはこちら
→ワンピース939話のネタバレでワノ国編の全貌が明らかに

こちらも必見です。
→日和=小紫で確定している根拠と、狂死郎と狂言の真相について

ビッグマム海賊団の全メンバー一覧はこちら。
⇛ビッグマムのメンバー一覧まとめ!

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

One Response to “ワンピースネタバレ938話939話最新話確定あらすじと考察!日和がモモの助の妹で出生の秘密を検証”

  1. 本田三角形 より:

    ジャンプにて938話の最終ページの次ページ見ましたか?
    リンゴにいるのは
    ゾロ・オトコ・小紫と
    補足されてましたよ◎!
    ほかの考察サイトも見ましたが、
    気づいている人おらず、
    まずこちらにコメントしてみました!

コメントを残す

このページの先頭へ