ワンピースラフテルとは?その正体の真相はドラえもんの未来世界の様な未来都市。

ワンピースの最大の謎とされている、

最終地点の島、“ラフテル”


この島の謎については当サイトでは何度も何度もお伝えしてきた。

その正体は未だに謎に包まれているが、

今回は新たな考察を公開して、

その正体に迫りたい。


“Laugh Tail”の意味自体が未だに謎に包まれている、

ラフテルだが、果たしてその島は一体どんな島でどこに眠っているのだろうか?

Sponsored Link

ラフテルが初登場したシーンから徹底考察!

saisyutiten_s

グランドラインの入り口である双子岬。


そこに住む灯台守の老人にして、元ロジャー海賊団のクルーでもある

クロッカスの口からグランドラインの最終到達地点は、

”ラフテル”と呼ばれる場所だと、麦わらの一味は聞いた。


あれから現実時間にして早約20年の時が流れ、

麦わらの一味は新世界の和の国まで航海を続けている。

その上で、ラフテルに行くには赤いポーネグリフ通称

”ロードポーネグリフ”を4つ集めなければならないという。

それらが無ければ、ラフテルに入る事も出来ないというのだ。


だが、此処で待って欲しい。

ラフテルへ到達する前の一つ前の島にも麦わらの一味は訪れる筈である。

そもそも、ワンピースは一つの島へ進めるごとに話が進んでいく

他のマンガンにはない大きな特徴を持っている。


それを踏まえた上で、最終到達地点である”ラフテル”の前の島の存在は

非常に核心に迫る島ではないか
と考えられる。

ではどんな島だというのか…


筆者の考察はズバリドラえもんの生まれた時代

”22世紀の未来都市”

であると考察したい。

ぶっ飛んだ考察かもしれないが、私なりの根拠を示しておきたい。
Sponsored Link

根拠1:4つ目のロードポーネグリフの場所から…

ro-do_s

判明していない第四のロードポーネグリフは光学迷彩で

周囲から感知さえされない未来都市の極秘事項として保管されているから。


ゾウ編でモコモ公国昼の王と夜の王”イヌアラシとネコマムシ”の口から、

ラフテルへ向かうにはロードポーネグリフを四つ集めるしかないという。

そして、現在判明してある三つのロードポーネグリフは

ミンク族が代々護ってきたモノが一つ目。


二つ目は四皇ビックマムの城”ホールケーキ・シャトー”の地下倉庫に厳重に保管。

三つ目は和の国の鬼ヶ島に隠されているのではないかと、ブルックが発言している。

所在が分かっているのが件の三つ。


だが、ファンとして最も気になるのが、所在が分からないという”四つ目のロードポーネグリフ”。


では、どこにあるというのか?

答えはたった一つ。存在を全く感知できない場所にあるからである。

それこそ大規模な光学迷彩で都市全体を消して、

世界からその存在を完全に消している島があるとうのが、

私の根拠の一つ。

例えば、ビックマムの業界随一を誇る情報収集能力を持ってしても、

四つ目の所在地を判明している訳ではないので、

ひょっとすれば、島の姿が光学迷彩で隠されているからではないだろうか?

Sponsored Link

根拠2:リトルガーデンの様な太古の島と対極の存在である未来都市もある?

ro-do_s

リトルガーデン編の際に、ビビはグランドラインの特殊な気候によって、島の行き来が難しくなりその結果、

一切の文明交流が無く、太古のまま島が残ってしまう事があると発言した。ともすれば、

逆に文明基準の低い島々と見下し、孤高に文明を発展し続けている島もあるのではないだろうか?

根拠3:ルフィがこれまで冒険してきた島との大きな差別化。

miraitoshi_s

周囲の島々との文明レベルのギャップがあると考察します。


イーストブルーのフーシャ村から冒険を始めたルフィは、島を行き来するうちに島自体が特殊になっていた。

例えば、グランドラインを入れば

ラブーンが居た”双子岬”から太古の島、
一年中雪が降る島、
砂の王国、
空島、
綺麗な水上都市、
世界一巨大な海賊船にしてゾンビの巣窟、
深海10000メートルの楽園、
溶岩と氷雪が融合した島、
おもちゃと共存する国、
1000年生きるゾウ、
お菓子の諸島、
ワノ国とイーストブルーの島々


と比べると、
其処へ辿り着いたルフィ達は驚いた反応を見せていた。


要はそれぞれの島が被らない様に舞台は作られていると考えられる。

ともすれば、一度出た島ネタは既出として処理されるので、今まで登場していない島ネタを扱う必要が出てくる。

かといって、既にルフィ達は最後の海である新世界の島を5つ行き来しているので、それらを超える様な島を出さなければならない。

なればこそ、筆者は未来都市が新世界の舞台、ひいてはラフテルの前の島として出る説を提唱したい。


そもそも、ワンピースの世界は明らかに現代と離れた文明であり、乗り物や情報機器、

重火器等は明らかに現代と違うと言い切れる。


だからこそ、もしもワンピースの世界にスマホやパソコンやパッドなどの情報機器など、

大きく文明が進んだ島が出れば、盛り上がる事は間違いなしではないだろうか?

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

One Response to “ワンピースラフテルとは?その正体の真相はドラえもんの未来世界の様な未来都市。”

  1. ハルタケ より:

    地表面だったら、3つのロードポーネグリフで良い。4つを結ぶ必要があるのは、ラフテルが世界の中心にあるため。この世界の地球は2重構造。エニエス・ロビーの穴から中に入り、ノックアップストリームに乗って、一気に空島へ行けるという流れ。

コメントを残す

このページの先頭へ