麦わらの一味

Xドレークはルフィの敵になるか?swordとドレークの伏線について考察【ワンピースネタバレ】

赤旗“X・ドレーク”は堕ちた海軍将校と二年前の時点で言われていた海賊だ。しかし、二年後に於いて、実は海軍の機密特殊部隊“sword”隊長であることが判明した。

つまり、ヴェルゴとは逆に海賊のふりをした海軍と言うことになるが、今回は彼について考察する。

ドレークがルフィと戦うと考えた場合

まず、ドレークは海賊として動いてたといしても、海軍と動いていたとしても、ルフィを倒すことに全く戸惑いが必要ない敵であるということだ。

それはルフィに言えたことであり、彼らがぶつかる事を誰も止めはしないだろう。

しかし、ドレークが海軍として動いているのが本当なので、ドレークはルフィと逮捕するのは今の時点でありえないと考える。

その理由は次で説明する。

その理由はローを助けたのがドレークであるから

そもそも、ローはホーキンスによって、人質交換で捕らえられていた。恐らく、かいろうせきの錠で拘束されていたので、シャンブルズでも逃げられないと思える。

しかし、あの場にいたのがホーキンス以外にドレークもいた。

更にいえば、ローがそれがお前の狙いなら俺もそれにのると言って、人影がマントを羽織った人影だったので、ドレークがローを助けたというのが私の見解だ。

では、ドレークがローを助けたのは何かの狙いがあると考えられる。

それは…。

海賊同士の潰し合いの方が海軍としても助かるから。

普通にドレークが機密特殊部隊隊長として動いているなら、当然海軍の利益で動いているということだ。

海軍の最大の目的を考えるなら、海賊の撲滅に他ならない。

なれば、今カイドウ、ビックマムVS海賊ミンク忍者侍同盟が戦ってくれた方が、凄く助かるのだ。

考えてみて貰いたい。カイドウやビックマムやルフィたちを撲滅しようとすれば、一体どれほどの被害がこうむるか、実際に海軍が今日までカイドウ達を倒せずに来たのだから、撲滅は不可能に近いだろう。

しかし、その撲滅が海軍の手を煩わせず、海賊同士で潰し合ってくれたとしたら、どれ程助かるだろうか?

そもそも、海軍は手一杯で戦力不足

海軍はレヴェリーで王下七武海を抑止力と使えなくなってしまった。王下七武海クロコダイルとドフラミンゴによる乗っ取りで加盟国の信頼を無くした以上は廃止するしかないだろう。

それにより、海軍は王下七武海を一刻も早く捕まえないといけなくなった。ハンコック、ミホーク、バギー、ウィーブルと戦わないといけないだろう。

つまり、赤犬が元帥として君臨するようになり、ワンピース世界は一気に戦乱状態、時代のうねりに飲み込まれてしまった以上、戦力を分散させるのは今まで以上に難しい。

この時代の強者が海賊に多い以上、猶更だ。

コビーの言葉通り、海軍はワノ国を後回しにするほかないのだ。

ドレークは機密特殊部隊隊長として、組織を内部から崩壊させるのが目的

赤犬が海賊の撲滅を謳っているなら、ドレークの機密特殊部隊隊長としての任務に海賊陣営に壊滅的なダメージを与えるのが任務だろう。

なれば、ルフィがカイドウ達を討つことはドレークにとって渡り船。そして、ローを解放すれば、間違いなくカイドウ戦で役に立つと信じているのだろうか?

海軍機密特殊部隊“sword”は誰によって設立された?

赤旗X・ドレークの正体が機密特殊部隊“sword”隊長として、発覚された。それまで、海賊を大々的に逮捕する海軍にも、機密の組織がいたことに驚愕したものだ。

今回は“sword”設立について考察していきたい。

“sword”を組織したは、赤犬の可能性?

私は“sword”を組織したのは、赤犬ではないかと考える。それも彼が大将になった時期ではないだろうか?

ちなみに赤犬は剣の入れ墨をしているが、これがswordの関係があるかは不明だ。

赤犬による海軍のタカ派の存在

タカ派というのは、組織において机上で話し合うよりも武力で解決する派閥の事だ。海軍にも特に海賊への恨みが強い海兵が多いかもしれないと私は思う。

故に、赤犬の様な超攻撃的思考を持った海兵が沢山集まり、赤犬を中心としたタカ派が海軍ではびこっていたのではないだろうか?

実際にウォーターセブンのバスターコールに加わったオニグモ中将は彼の息がかかった海兵だ。

そんな海兵を束ねたのが、swordの始まりだろうか?

赤犬は超攻撃的な戦いだけでなく、海賊を陥れる策も使う男

マグマグの実で敵を圧倒的に殲滅するのを得意とする赤犬が、機密特殊部隊“sword”を設立したとは思えないが、あの男はあれでスクアードを陥れたのだ。

そう、マリンフォード頂上決戦でスクアードが既に海軍と白ひげの間で協定が結ばれており、傘下であるスクアード等の方に砲撃が集中しているといい、スクアードに白ひげを刺すように仕向けたのは、協定をでっち上げた赤犬だ。

つまり、赤犬はあまりそうは見えないが、海賊を根絶やしにするためには、卑怯な策も使うということだ。

“sword”の設立理念は“海賊の根絶やし”

Swordという意味は剣であるが、剣には暴力的なイメージが付きまとう。それもそのはず、剣は人を斬る為にあるからだ。

海賊に剣を突き立て、根絶やしにする赤犬の執念がありそうな“sword”。

いうなれば、海賊の根絶やしを理念として動いているのかもしれない。

前の隊長は赤犬で、元帥昇格後、ドレークに譲った

Swordを設立したのが赤犬とすれば、彼がswordの隊長で、sword内で最も偉い立場ではないだろうか?

そして、ドレークが二年前にシャボンディ諸島で登場した時点で、swordの隊員で、赤犬に隊長を任されたのではないだろうか?

赤犬は元帥になる前は、大将とsword隊長の二束わらじをしていたのだろう。

swordを作った赤犬、その理由は海軍内で存在を隠し、反発されない様にするため

赤犬は、幼少時代のイラストから傷だらけで血濡れのナイフを持ち、ほかの大将達の子供時代と比べると一人だけ血生臭い姿をしていた。

ワンピースはSBSに幼少時代の最悪の世代やサイファーポールや王下七武海を載せていたが、断トツで血生臭いのが赤犬だ。

しかも、この時は能力者ではない可能性があり、血濡れのナイフを持っていた。

もしかしたら、swordという命名は海賊の血でまみれたナイフが理由かもしれない。

さて、大将時代の赤犬は恐らく相当に、“海賊の根絶やし”に躍起になっていたのではないだろうか?
詳しくは分からないが、赤犬は大将の特権で自分が率いる機密特殊部隊を作った。

何故に機密特殊部隊“sword”を作ったのか、それは海軍内で公に出来ないほどの行動をとっていたのではないだろうか?

よく考えれば、赤犬の行動は過激としてされており、彼の執念で必要以上に海兵が力尽けていた。

考えてもらいたい、命あっての物種。せっかく海兵になっても、赤犬の様に我が身を焦がすもしくはあまりにも海賊を追いかけすぎて、死んでしまった海兵もいるのではないだろうか?

それ故に表沙汰に出来ず、海兵の家族がなぜ死んだか、それはあまりにも海賊を追いかけすぎた為死んでしまったというなら、海軍は家族になんて説明すればいいだろう。

つまり、赤犬は反発を受けるどころか、存在を隠してでも海賊を根絶やしにしたかった。

だからこそ、一部の海兵にswordへ入隊を催促していたのではないだろうか?

赤犬の行動は過激派のそれと同じであり、そうなれば赤犬は海軍にいられなくなるだろう。

しかし、swordとして指揮をすれば、同じ海軍に存在を知られることなく海賊を根絶やしに出来る。

sword設立の援助は、世界政府?

私は赤犬のsword設立に世界政府が買っていると考えている。それはセンゴクの後の元帥に世界政府が支持していたのだ。

これは赤犬の海賊排斥思考と、世界政府の都合の悪い者はこの世から消すのが一致したのではないだろうか?

もしかしたら、オハラのバスターコールで赤犬が避難船を砲撃したのは、世界政府の為と考えてもいい。

☆海軍機密特殊部隊“sword”は世界政府が赤犬の為に設立させた。

ドレークが機密特殊部隊“sword”隊長と明らかになった。私は同じように世界政府の諜報機関サイファーポールとなにか関係があるのかと考えた。

赤犬が“sword”を組織した時、サイファーポールを参考にした

私は赤犬が“sword”を組織したと考えたい、それは赤犬が他の海軍からあまりにもやり過ぎていて目を付けられていたと思ったからだ。

22年前に起こったオハラへのバスターコール事件。この時、赤犬は33歳で中将になっており、避難船への砲撃をして沈めたのが他ならぬ赤犬の命令だ。

その際、青キジは「あのバカ程やり過ぎるつもりはねェよ!!」と言っており、普段から青キジは赤犬の人命をいとも容易く奪う行為に異を唱えたのではないだろうか?

この時青キジは、27歳。恐らく青キジに同調して、赤犬のやり方がやり過ぎると他の同僚から反発があったのではないだろうか?(実際に青キジはあれで結構部下から慕われていた。)

考えてみて貰いたい、赤犬の様に死んでも海賊を一人多くでも殺せという部隊に配属されたいだろうか?

答えは否、断じて否。

つまるところ、赤犬のやり方は同じ海兵から支持されないやり過ぎた正義だったのだ。

そこで、赤犬は自分の命令を忠実に聞き、尚且つ他の海兵から気付かれない秘密の組織が必要だと感じていた。

それを世界政府のサイファーポールから、教わったのではないだろうか?

サイファーポールから、海賊団壊滅を教えて貰う赤犬

サイファーポールは60数年前から存在しており、サイファーポールが世界の破壊者といわれるワールド海賊団に入船し、内部から破壊する様に工作していた。
赤犬は一秒でも早く、海賊を根絶やしにしたいと考えていた。しかし、このまま過激に走れば、その行為を咎められ海軍に居られなくなると考えた。

そこで、古くからサイファーポールで世界支配の均衡を保つ世界政府に隠密工作を教えて貰うようになった。

その後、海軍大将と動くようになり、組織化された“海賊の根絶やし”を具現化した“sword”を創りあげた。

世界政府にとって、邪魔者を消す思想を持つ赤犬は貴重な理解者

世界政府といえば、何があっても、世界支配を盤石にする為に、揉み消しを行う組織だ。オハラのバスターコールが代表的なそれだ。

バスターコールはCPが使っていたが、要するに世界政府が海軍に直接命令を出して島ごと焼き払うものだが、赤犬は他のどの中将よりもバスターコールに徹しており、恐らく避難船を撃ったのは、世界政府から赤犬の命令が高い。

更に、赤犬はルフィをドラゴンの息子と何度もその命を狙っていた。これは世界政府がドラゴンの息子であるルフィを恐れており、万が一赤犬にルフィ抹殺の人を世界政府から極秘裏に受けていたのではないだろうか?

要するに、赤犬は世界政府の誰よりも信頼されており、sword設立からノウハウを教えて貰ったのではないだろうか?

“sword”は海賊の根絶やしに動いている。

ドレークがカイドウの部下として動いている以上、彼はカイドウを壊滅させるために真に動いていると分かる。

ドレークも父親が海軍崩れの海賊として、容赦ない仕打ちを喰らっていたので、赤犬同様に海賊へ容赦ない攻撃が出来ている。

ドレークの攻撃性を見込んで、赤犬がsword隊長に選んだのではないだろうか?

ワンピースアニメを無料視聴
ワンピースの動画が無料で視聴できる

ワンピースの動画を無料でみるならU-NEXTがおすすめ!

ワノ国編も収録されている(ポイント利用)おり、収録している作品数がダントツなのがU-NEXT!

ドレスローザ編まで見放題で過去の劇場版なども視聴できるのが嬉しいポイント。

今だけ限定で31日間無料トライアルで見放題ですのでお早めに!

解約も簡単なのでこのキャンペーンを逃す理由なしですよ!

31日間無料トライアル